トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

アナグラム

>装飾頭文字
この前は「もし原文にあったとしてもアルファベット暗号だから、漢字じゃ再現できねーべ。」と安易な気持ちでスルーしておりました。

Four_1

でも、出張で秋田に向かう新幹線の中で、車窓から吹雪を見ながらふと、こう考えました。―――もし自分が編集者だったとしたら、文字パズルがあっても何とかして翻訳して出題したいよなあ。
大体、社会思想社に勤めてパズル本を担当するくらいなんだから、もし訳者さんが弱音を吐いてもホテルに缶詰めで「先生、出来上がるまでは一歩も外に出しませんからね!」とかいう気概を持って臨んだことだろう……(多分間違い。)

というわけで、まずは訳者の柿沼瑛子さんを検索してみる。
んー、割と推理寄りな方みたいですね。ワセミスOGだとか。クトゥルフ関係も手がけてます。
というか、よく見たら訳書に「ヴァンパイア・クロニクルズ」の名が!わお、本格的にホラーの人だ。
さらに検索すると翻訳の専門学校の講師などもされている模様。

フェロー・アカデミー

で、講師紹介を覗いてみると
[通学]■週1回コース「ミステリー」
[通信]■マスターコース「ファンタジー&ホラー」「ロマンス&エンタテイメント」
>ミステリー、ホラー、耽美小説と幅広い分野の作品を手がける。

とあります……そして【講師からのメッセージ】を見て、心臓がドキドキした。
そんな馬鹿な!
恐怖に背筋がゾッとし、君は血も凍るような寒さを覚えながらも古びた洋館の扉を開くと……

>まずは一言「地獄へようこそ」(笑)。

そこは『地獄の館』だったのだ!ひー。(いや、『ナイトメア キャッスル』だから。)

……だいぶ脱線しましたが、畑違いの翻訳者が押し付けられてのやっつけ仕事ではなさそうなことはわかりましたし、ミステリー系の方なら当然暗号もお手の物でしょう。
偶然か、最近では『フランチェスコの暗号』の翻訳も手がけてますし。
(原題:THE RULE OF FOUR……また<四>か。さてはこの中に鈴木者がおるな!)

大体、よく考えたらパズルの中でも文字パズル、アナグラムなんて王道じゃないですか。
使うなっていう方がおかしい。
(ただ、もし本格的な英文アナグラムだと翻訳大変なんだろうなあ。)
アルファベットで13文字の暗号といえば……「Go to Fourteen !」か?
んなわけないし。

気を取り直してもう一度文字を並べて考えてみる。

 「四、エ、探、そ、こ、ク、翌、四、迷、ナ、君、フ、最」

これをさらに数字パズルに変換、というのは無謀な気がするので、ここは「柿沼先生は高度な技を駆使して日本語アナグラムに意訳したに違いない。」と強引に仮定。

まず全てをひらがなに変換。

 「よつえたんそこくよくよんめいなきみふさい」

あとは、思いつくままに単語を拾ってみる。

 栄誉、名誉、探索、君こそ、印刷、退屈、腹筋、国際、
 良く、読め、読めない、読みなさい、見なさい、雰囲気・・・・・・

まあ、20文字もあれば何でも言葉にはなるでしょうね。
後はいかにして上手く全部の文字を使用して全体で意味を成す文章に出来るかどうかだ。
おっと、これはパズルみたいだな。(うん、まあ、パズルだからね。)

とりあえず適当に組み合わせてみる。

1)強い孫策、答え読み泣く。雰囲気嫁。
 それ、どんな三国志?

2)沢山いないよ、強き国民。増えよ「めそ」!
 すごいよ!!マサルさん。

3)強く踏め!そこよ!意味無い探索、延期よ!
 女王様の嫌がらせですか?

4)「さつき、読めた?」「来いよ!」「文江君、そんな・・・・・・。行くよ・・・・・・。」
 四流ダメラノベですか?

5)いったん良く読め。絵付近こそ、良く見なさい。
 うーん。真面目にやってみて、意味合いから一番近いのはこんな感じでしょうか。
 はい。良く読んで、良く見ることにします。って、でもそれヒントなの?

もう、お分かりですね。
こんなアナグラムは存在しなかったことが。
(いや、本当はあったりして!?)

続きを読む "アナグラム"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/23

ガランタリア国の地図

レンドル宮殿でタンタロンから12の難題の書かれた巻物を受け取った後、宮廷を出てこれからの旅の支度を整えるため市場に出かけたときのことである。

一筋縄では行かない長い探索行になることは容易に想像できたため、いつもの冒険より念入りな準備が必要だった。
ヴィトル(パイ皮の小さな団子に乾し肉を詰めた保存食)、薬草、ランタンと砥石、それに丈夫な皮のブーツも新調しておいたほうが良いだろう。

肉付きのいいダミ声の商人と値段を交渉していると、奥から店主の息子らしい10才前後の子供が顔を出す。
「国中を巡る旅に出るなら、地図は絶対にあったほうがいいよ。今ならうんと負けとくからさ!」
どうやら、この突然のタンタロンの挑戦に続々と集まる冒険者を当て込んで急遽大量に仕入れてきたようだ。なんとも抜かりのないことだ。

ただ、確かに地図はあったほうがいい。

Gallantaria_map_1

君は念のため一度その羊皮紙の地図を開いて、必要な地名と都市が記載されていることを確認し、言われた合計から1枚値切ったところで店主と握手し金貨を支払った。

 

 
続きはウラ話。

続きを読む "ガランタリア国の地図"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/18

覚え書きメモ2

>標題紙の男性
『図説 西洋甲胄武器事典』(柏書房)で調べてみた。
首周りだけのの鎖帷子だが、写真掲載の甲冑にほぼ同じ形状のものがあった。
「鎖錏(くさりしころ)」というらしい。(あんまり自信なし。)
「シコロ」自体は、日本では兜の左右と後の首筋をおおう部分を指すようだが。

また、甲冑の上から着ている上着はサーコートといい、染め上げた色と描かれた紋章で個人を識別したらしい。
青地に鷲。フランスでは青が王家を示す色のようだが、ガランタリアではどうなのか?

>導入部
各難題に対するエピソードがタンタロンの回想という形で語られているが、各エピソードと本文の問題とで矛盾点が無いかどうかも後で確認する必要があるだろう。

>カバー
カバーを外しても、本体にカラーでまったく同様に印刷がなされている。
見返し地図と同じように、いずれ詰まった時に間違い探しをする必要があるかもしれない。
なお、すぐに分かる大きな違いは2点。
 ・カバー裏表紙右下にISBNと定価が記載。数字パネルの12が下に隠れている。
 ・カバーの袖に、豪華な装飾の刃こぼれした剣。表表紙側と裏表紙側にあり、鏡写しになっている。これまた間違い探しか?

00_sword_1

>表表紙
イラストや背景もヒントになるかもしれない。
 ・青空にそびえる断崖の城
 ・鼻から煙を吐くドラゴン
 ・2匹の蛙(一匹は王冠着用)
 ・抜刀し白馬に乗った騎士(黄色マント)
 ・豪華なアクセサリーを身に着けた金髪の女性と小鬼(グレムリンか?)
 ・耳の尖った鼻眼鏡のノーム(かドワーフ)
 ・タンタロンの後ろには白い雪に覆われた山脈。開いた本に挟まった黄色いしおり。

  

>裏表紙

00_migisita_1

数字パネルの重なりに気付く。
 
 左上:上から8、3、6
 右上:上から2、10、5
 左下:上から11、4、7
 右下:9の上に1と12
 
右下だけ法則崩れ。

 
また、数字の合計にも注目
 
 左上と右上:計17
 左下と右下:計22
 
魔方陣ではないようだが、やはり何かの数字パズルになっているのだろう。

覚えておくことにする。


以下、続きはネタバレ話です。

続きを読む "覚え書きメモ2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

マイリスト作成

よく訪れるゲームブック関連のブログとサイトをまとめてみました。
左サイドの「マイリスト」です。

blogpeopleというサービスで、ブログについては更新されたことが判るようになる!
……らしかったのですが、今のところ通知は2つほどしかできていないようです。
(「マイリスト」のリンク上にカーソルを乗せると更新日がわかる。)

なんでも、各サービスごとにping送信をしないとダメなようです。
ちなみにping送信先は以下だそうです。って、いまいち意味わかりませんが。
 http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
 www.weblogs.com
 ping.blogger.jp

つまり、各ブログごとで更新を知ることが出来る範囲(会社)が決まってるってことなのかな?
とりあえずココログだとping.blogger.jpには送れているようです。
他のブログをみると、「はてなアンテナ」なんかは高性能そうでちょっとうらやましいです。

せっかく便利な機能なのだから、各社共通で連携してくれる日が来るといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/11

覚え書きメモ1

ざっと気になった点についてメモ。

後になって間違いに気付いても書き直さず、別記事を書き足すことで修正していくことにする。

>表表紙
タンタロンの被っている帽子の星、二つだけ六芒星が混じっている。
何かのヒント?

>見返し ガランタリア国地図
・地図は『タイタン』のものとほぼ同じだが、解像度はこちらのほうが高い。
 クラグロック峰=ごつ岩連峰、ホワイトウォーター河=白水河。(後者が『タイタン』)
・看板についてる顔がスティーブ・ジャクソン

00_mikaesi_stevejackson_2

・表表紙側と裏表紙側に同じものが描かれている。
 間違い探し?(ぱっと見、差はなさそう。)
・鷲を持った男性……コンスタイン王だろうか?

00_mikaesi_who_2

・霧の濃い谷間に馬上の槍騎士。遠くに見える城と崖の上の砦。
 左上には翼を広げた鳥影。これも鷲?

・四隅の数字パネル。
 左上[34] 右上[78] 左下[56] 右下[12]
 割り切れないし関連性は無いかな?と思ったら、よく考えたら12345678だ。
 別の場所(8に関するパズル?)の順番を示すのかも。

>標題紙
・右手に持った旗が標題と著者表示になっている。
・見返しの鷲を持った男性と同一人物?

00_naka_who_1

・鷲は居らず、胸に鷲?の装飾。帯剣しており、首から肩にかかる鎖帷子を着用。騎士なのかな?
・今度「服飾史・中世編」とかで身分を示すヒントがないか探してみよう。
 
>導入部
「四」という数字がでかいのは、原文の装飾頭文字を模してだと思われるが、文頭字の暗号ではなさそう。でも念のためメモ。
「四、エ、探、そ、こ、ク、翌、四、迷、ナ、君、フ、最」 ……なんだこりゃ。(笑)
ただし、「四」という数字は頻繁に使用されているようだ。偶然?
例:四王国、ハムの四王子、獄につながれること四か月、四賢者、各頁の数字パネル(四枚)

>裏表紙。
・ページの四隅に1~12の数字パネル。配置はバラバラ……。
 見返しと合わせて使用するのか?(いずれも四方の順番を示している。)
 また、数字の装飾も何種類かに分類できそう。後で要検討。

00_ura_2

・星の装飾。数に注目?
・王冠と剣にとまった鷲。(おそらくイヌワシ。)
 見返しの鷲と標題紙の鷲……王家の象徴と言う意味か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

難題01-ダンスタブル卿を救え

獄につながれること四か月 アイケンのダンスタブル卿を救え

君はレンドル宮殿からエーデ河を下り港に出ると、オニクス海を廻りボーダー河に向かう貨物船を探し出し首尾よく乗り込んだ。
旅の目的を聞かされた船長のシャンカーマンはタックスの商人から聞いた話を教えてくれた。それによれば、ダンスタブル卿はシグネットのクランス卿と一緒にボーダー河をさかのぼる途中で賊の手で生け捕りにされ、スティン城の牢獄に吊り下げられているという。
その後、船長から聞いた秘密の地下道を辿り、君は低いうめき声のもれ出る拷問部屋の扉を開けた……。そして目に飛び込んできたその光景に君は思わず息を呑んだ。

Task01_01_2

変わり果てた姿のダンスタブル卿は燃え上がる奈落の上に吊るされており、そのロープは複雑にかみ合った滑車を伝ってレバーにつながっていた。
レバーを正しい方向へ倒せば君は有徳の騎士を救い出すことができるだろう。

さて、「どちらの方向にレバーを倒せばよいか?
 

 

 

まずは第一問目ということで、そんなに難しい問題ではないようです。

レバーを倒した結果によってロープが引っ張られるか繰り出されるかが決まり、その先の滑車の動きを見極めてダンスタブル卿を引き上げられるようにすればよいのです。

Task01_lever_1

なお、解答はレバーを倒した先に記されているように、左ならば<5>、右ならば<1>になるようです。
(ただし、それが答えだとは書かれていないところはちょっと気になりますが。)

以下、続きはネタばれになります。 

続きを読む "難題01-ダンスタブル卿を救え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背景

旧世界―――それは、タイタンの世界にある3つの大陸のうち、知識と文明の故郷といわれる場所である。
旧世界にある王国のひとつ、快活な農夫と裕福な市民が住み、多くの賢者が集うガランタリアこそ君の生まれ育った国であり、これから起こる冒険の舞台となる地なのだ。
 

時は遡ってAC(アフター・ケイオス)175年、ブライス国および北方人の軍勢がそれぞれ西と北から突然に、ガランタリアへの大侵略を開始した。
そしてそれを引き金に、大陸の大部分を戦渦に巻き込む「四王国戦争」が始まったのだ。

戦争に入り2年目、北の国の軍に対抗するため北の国境付近を自ら視察へ訪れていたガランタリアコンスタイン王と王妃が、ブライス国の摂政と内通していたターグ男爵の卑劣な裏切りにあいクラグロック峰ナロウ・パスにて暗殺されてしまった。
世継ぎを残さずに逝った王の後継者をめぐり、野心むき出しの騎士たちによる二昼夜にもわたる虚しい討議が続いたが、最終的に王冠を継いで政治を司ったのは、宮廷魔術師タンタロンだった。

その後さらに2年に渡り繰り広げられた戦争は、賢者タンタロンの比類なき英知と天才的な戦術により、ガランタリア主導のもと平和条約の調印をもってようやく終結したのであった。

しかし、この和平すらいつまでも維持できるとは思われなかった。好戦的なブライス国との見せ掛けの調和はもって1年であろう。
したがってタンタロンは速やかに強力な指導力を持つ後継者を見つけ出さなければならないのだ。それも、面従腹背の閣僚たちが王座を脅かす前に。
また、戦争のため顧みられず山積みとなっている内政問題についても早急に対処しなくてはならない。
タンタロンはため息をついた。あまりにもやるべきことが多すぎる……。
 

体力の衰えを感じたタンタロンは、この国で最も賢明かつ知性にあふれ、勇気に満ちた心を持つ英雄を選び出し後継者とするために、英知と独創性に対する12の難題を試練として与える任務を考案し、王国中から挑戦者を募った。

噂を聞きつけた何百人もの参加者が王都レンドル宮殿へ押し寄せるなか、君は魔術師の待つ宮殿に到着した。そしてタンタロンじきじきの謁見を受けた君は、羊皮紙の巻物に記された指示を受け取ったのだ。

そして今まさに、君は12の難題に挑戦する冒険への第一歩を踏み出すのだ。
 

さて、勇敢な冒険者諸君!ページをめくりたまえ。神々が賢くも、君の探し求めるものをあたえてくださいますよう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

きっかけをくれた皆様へ

私はゲームブック暦こそ20年とそこそこ長いのですが、本格的にコレクションをしだしたのはつい数年前です。
ネットで皆様のさまざまなサイトやブログに啓発されなければ、このように自分でブログを始める事はできなかったと思います。
改めて感謝を込めて、Web上で非常にお世話になっているサイトさまを少しだけご紹介させていただきます。
また、当ブログをきっかけにゲームブックに興味を持たれた方の参考になれば幸いです。

 

当ブログのタイトルは、ゲームブック・リプレイブログのパイオニア
今頃ソーサリー」(68さん)
へのリスペクトを込めてつけさせていただきました。
昨年のリプレイブログの盛り上がりはやはり68さんあってのものだと言っても決して過言ではないと思います。
とはいえ、実は私はまだ『ソーサリー』が未プレイなのでブログはほとんど読ませていただいてないのですが……。
今年こそは、今やりかけの『魔界の滅亡』をクリアして、その後じっくり『ソーサリー』に取り掛かろうと思っておりますので、これから順次楽しみに読ませていただく予定です。

パラグラフの隙間で」(ドロシー!さん)
丁寧なリプレイには大変勉強させていただいております。自作フローチャートにも大いに感銘を受けまして、私も勢いで1つ作りかけている次第です。いずれ公開できたらと思っております。

ゲームブック Wikipedia
ゲームブックとは何か、を説明したwikipedia(フリー百科事典)の記事です。歴史から作品例まで非常に具体的にまとめられております。

ゲームブック正誤表@Wiki
ゲームブックを遊ぶ上で一番のネックが、[誤植によるリンクミスでプレイ続行不可能]というものです。最悪全てのパラグラフを総当りで探す羽目になるところを、先達の善意で路頭に迷わずにすむという素晴らしい取り組みです。今後、私も誤植に気付いたときは、少しでも協力していければと思っております。

ゲーマニ」(double crownさん)
ゲームブックに関するメールマガジン「週刊ゲーマニ」を毎週発行されております。
ホームページもゲームブックに関してのデータベースから最新動向までがギュ~っと詰まった日本最大級のゲームブック総合情報サイトです。

マーリンの呼び声」(セプタングエースさん)
今なお多くのゲームブッカーが熱い想いをよせる怪作「ドラゴン・ファンタジー(現:グレイルクエスト)」シリーズの非公式(ただ、ほぼ公認?)ファンサイト。絵師HUGO HALLさまも不定期でお出ましになります。また、管理人さんは日向禅という筆名で日本における「タイタン」世界を広く深く掘り下げている(現在進行形)お人でもあります。

あっとちゃんねる」(SUZUKI Atsushiさん)
この世あまたのWebサイトの中から、ゲームブックに関連する優良サイトをまとめた「ゲームブックリンク」が秀逸です。ひとことコメントもとても参考になります。
私もここで自分の良くお世話になる全サイトを紹介したいとも思ったのですが、こちらのリンク集へ誘導したほうが余程ためになる気がして断念しました。是非ご参考になさってください。
06/04/12追記:まことに残念ながら、2006/3/31サイト閉鎖となりました。お疲れ様でした。

 

ちなみに、『魔術師タンタロンの12の難題』はいわゆる普通のゲームブックではないのですが、舞台となる「タイタン」世界が、世界的に有名なゲームブック「ファイティング・ファンタジー」や「ソーサリー」シリーズの設定と共通になっているのです。こうした世界の広がりを感じることができるのがシリーズ物の醍醐味ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

このブログは、『魔術師タンタロンの12の難題』に挑む一人の挑戦者のつぶやき、ひらめき、ぼやき、その他の記録です。

魔術師タンタロンの12の難題』(以下『タンタロン』)とは、1987年に社会思想社から発行されたパズル・ゲーム・ブックです。

00_omote

それぞれ趣向の異なる12の難題は、1つの問題に対してそれぞれ1つの物語と1枚の非常に美しいイラストで構成されており、物語に織り交ぜられたヒントを手がかりにしながら絵に隠された謎を解き明かしていくのです。
なお、全ての謎の答えは数字で導き出されることになっています。
そしてその全てを正しく解答できた挑戦者だけが、13番目にして最後の難題に挑戦することができるのです。

君は魔術師の12の難題を解くことができるか?」(裏表紙より)

 

進め方のスタンスとしては、基本的に何も見ていないまっさらの状態から進めて行きます。
(本家ファイティングファンタジーもまだ数冊クリアしただけなのです。)
ただし、世界観の補完や推測の裏付けの参考書として『タイタン』と『モンスター事典』(いずれも教養文庫)、『RPGamer』(国際通信社)は使用しても良いことにします。

そして、どうにもこうにもに詰まってしまったときは『ウォーロック』掲載のヒントを見ます。
それでもダメなら白旗をあげてどこかの解答サイト様(海外にあるらしい?)を覗かせていただくことにします。

進めるペースとしては、12問なのでひと月に1問解ければちょうど1年でクリアできる計算です。
まあ、そう簡単にはいかないのでしょうけども。

また、ずっとハマリっぱなしで先へ進めないのは飽きちゃいそうなので、とりあえずの方針として
「クリアできなくても、月が替わったらに次の問題に進む」
ということにしておこうと思います。

 

※なお、記事はネタバレの可能性がありますので下記に該当する方はご注意下さい。

 ・『タンタロン』をいつか自力で解いてやろうと思っている。
 ・『タンタロン』をいつか手に入れて自力で解く予定である。 → amazon.co.jp
 ・『タンタロン』はきっと復刊されると信じて待ち続けてる。 → 復刊ドットコム

と言っても該当する方はほんの一握りでしょうが……。

というわけで、なるべく誰にでも読んでいただけるように書いていくつもりですが、より深く楽しんでいただけるのはおそらく以下の方々だと思われます。

 ・『タンタロン』を自力クリアした真のツワモノのあなた。
 ・自力で解いてはいないが、もう解答は知っているあなた。
 ・自力で解くのは諦め気味で、なにか刺激が欲しいあなた。
 ・ゲームブックやパズルが好きで興味をそそられたあなた。

そんな皆様が、
 「俺もおんなじ所でハマッたなぁ。」
 「それ……全然違くないか?」
 「志村、後ろ!後ろ!」
とかツッコミを入れながら楽しんでいただければと思います。
また、感想や応援などのコメントがいただけたらとってもうれしいです。
ただし、直接的なネタばらし(答えをズバリ言うわよ!)というのだけはご勘弁を。

それでは、いっちょ始めてみますか!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

トップページ | 2006年2月 »