トップページ | きっかけをくれた皆様へ »

2006/01/08

はじめに

このブログは、『魔術師タンタロンの12の難題』に挑む一人の挑戦者のつぶやき、ひらめき、ぼやき、その他の記録です。

魔術師タンタロンの12の難題』(以下『タンタロン』)とは、1987年に社会思想社から発行されたパズル・ゲーム・ブックです。

00_omote

それぞれ趣向の異なる12の難題は、1つの問題に対してそれぞれ1つの物語と1枚の非常に美しいイラストで構成されており、物語に織り交ぜられたヒントを手がかりにしながら絵に隠された謎を解き明かしていくのです。
なお、全ての謎の答えは数字で導き出されることになっています。
そしてその全てを正しく解答できた挑戦者だけが、13番目にして最後の難題に挑戦することができるのです。

君は魔術師の12の難題を解くことができるか?」(裏表紙より)

 

進め方のスタンスとしては、基本的に何も見ていないまっさらの状態から進めて行きます。
(本家ファイティングファンタジーもまだ数冊クリアしただけなのです。)
ただし、世界観の補完や推測の裏付けの参考書として『タイタン』と『モンスター事典』(いずれも教養文庫)、『RPGamer』(国際通信社)は使用しても良いことにします。

そして、どうにもこうにもに詰まってしまったときは『ウォーロック』掲載のヒントを見ます。
それでもダメなら白旗をあげてどこかの解答サイト様(海外にあるらしい?)を覗かせていただくことにします。

進めるペースとしては、12問なのでひと月に1問解ければちょうど1年でクリアできる計算です。
まあ、そう簡単にはいかないのでしょうけども。

また、ずっとハマリっぱなしで先へ進めないのは飽きちゃいそうなので、とりあえずの方針として
「クリアできなくても、月が替わったらに次の問題に進む」
ということにしておこうと思います。

 

※なお、記事はネタバレの可能性がありますので下記に該当する方はご注意下さい。

 ・『タンタロン』をいつか自力で解いてやろうと思っている。
 ・『タンタロン』をいつか手に入れて自力で解く予定である。 → amazon.co.jp
 ・『タンタロン』はきっと復刊されると信じて待ち続けてる。 → 復刊ドットコム

と言っても該当する方はほんの一握りでしょうが……。

というわけで、なるべく誰にでも読んでいただけるように書いていくつもりですが、より深く楽しんでいただけるのはおそらく以下の方々だと思われます。

 ・『タンタロン』を自力クリアした真のツワモノのあなた。
 ・自力で解いてはいないが、もう解答は知っているあなた。
 ・自力で解くのは諦め気味で、なにか刺激が欲しいあなた。
 ・ゲームブックやパズルが好きで興味をそそられたあなた。

そんな皆様が、
 「俺もおんなじ所でハマッたなぁ。」
 「それ……全然違くないか?」
 「志村、後ろ!後ろ!」
とかツッコミを入れながら楽しんでいただければと思います。
また、感想や応援などのコメントがいただけたらとってもうれしいです。
ただし、直接的なネタばらし(答えをズバリ言うわよ!)というのだけはご勘弁を。

それでは、いっちょ始めてみますか!

|

トップページ | きっかけをくれた皆様へ »

コメント

 後はワールドマップもUpすれば、
初めての人にも分かりやすいかと。

投稿: 師走 | 2006/01/18 21:36

あのね、君のブログ、マニアックすぎてよくワカンナイけど、ガンバッテミマショーヨ!!中学の時なんかよくやってたようなやつなのかしら?
 3月に蔵王に行くけど一緒にどう?

投稿: Noimaki | 2006/01/19 19:13

>師走さん
コメントありがとうございます。
そうですね!確かに地図もあったらいいですよね。
まんま全部載せちゃうのはちょっとためらいがありますが・・・・・・ちょっと考えて見ます!

>Norimaki
おー、いらっしゃい。そうだよなー、何も知らずに見るとワケわかんないだろうなあ。でも、そう直接的に言われるとちょっと素でへこむぞ。(笑)
でもあんただって、中学ん時「ワースブレイド」なんてマニアックなTRPGのマスターしてたじゃない!?
ボードはもう、一年くらい滑ってないけど、時間が合えば是非是非!日にち決まったらメールください。

投稿: ephemeris | 2006/01/19 22:48

はじめまして。「今頃ソーサリー」さんから飛んできました。
「白旗上げるときは海外サイトへ」とのことですが、ウォーロックは何号までお持ちでしょうか? ヒントだけでなくズバリ解答が書かれている号がありますのでどうかご安心を(笑)。

投稿: SeireiK | 2006/01/24 03:00

はじめまして。情報提供ありがとうございました!
ゲームブック自体、本格的に集めだしたのは一昨年頃からですが、持っているウォーロックは1~23、29~34、39~42、58、63号という感じです。
目次を良く見直してみたら、確かに13~20号に「ヒントと解答(1)~(8)」と載ってますね。安心しました。(笑)
実は、ウォーロックも未読作品のネタバレが怖くてほとんど手をつけられてないんです。
まあ、それは逆に初読の楽しみがたくさんあるという、今となってはとても贅沢な環境でもあるわけですが。
私にとっては、手元に200冊を超す"新作"ゲームブックがあるわけですから!(なんか変な自慢だ。)
たっぷりあと10年は楽しめそうです。(笑)

投稿: ephemeris | 2006/01/24 23:42

どうも、わざわざTBありがとうございました。
一冊で数ヶ月は楽しめそうな作品もあることを考えると10年くらいあっという間かもしれませんね^^(ウォーロックに付録で載っている作品もありますし…)。
復刊されたこともあって最近になって初めてソーサリーをやるという方もおられるみたいですが、その中で「今頃タンタロン」というのはかなり素敵過ぎな企画だと思いますので(笑)どうか頑張って下さいね。

投稿: SeireiK | 2006/01/25 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22014/275562

この記事へのトラックバック一覧です: はじめに:

» The task of Tantalon [GameBook備忘録]
魔術師タンタロンの12の難題 AuthorSteve Jackson Illu [続きを読む]

受信: 2006/01/18 11:45

トップページ | きっかけをくれた皆様へ »