« タンタロンの100の質問(5) | トップページ | タンタロンの100の質問(7) »

2006/02/20

タンタロンの100の質問(6)

51  好きな魔法や技能があれば教えて下さい。
『凶兆の九星座』の<悪の如何様>。
システムとしてイカサマを認めるその潔さ。

52  好きなルールがあったら教えて下さい。よろしければその理由もお書き添えください。
ドラゴン・ファンタジーシリーズの夢時間。
失敗したときのほうが面白い結果が読めるので。

53  あなたの考えるゲームブックの定義を教えて下さい。
ゲーム性があって読者がストーリーを体験しながら遊べる本。
パラグラフ構成とサイコロ判定、能力値や戦闘などのシステムが一般的。

でも、広い意味では、ストーリーが変化するだけの(ゲーム部分が無い)
分岐小説だとしても、その選択が読者の興味をそそる意思決定を求めていれば
ゲームブックと呼んでも良いと思う。

54  他には見られないような、ゲームブックのユニークな部分はどこだと思いますか?
場面が展開するたびにページをめくったりサイコロを振ったりして、
実際に体を動かすことこそが、より一層、自分自身の手で(文字通り自分の手で)
ストーリーを展開させている快感(錯覚?)につながっているのではないでしょうか。

55  ゲームブックのどういうところに面白さを感じますか?
わざわざ手間をかけるところ。マッピング。
思わず絶滅種の保護を連想するコレクション性。

56  こんなゲームブックをやってみたい、というものがあったら教えて下さい。
一つの同じ出来事を、同じ時間軸上でいろんな人の立場からプレイできて、
それぞれの行動が影響しあって結果が変わっていくようなゲームブック。
(どうやってつくるんだろう?)

57  ゲームブックをやっていて文句を言いたくなった瞬間はどんな時ですか。
飛んだ先のパラグラフがバグで話がつながらないとき。
さらに、もとの場所もわからなくなっていちいち探しているとき。

58  ゲームブックの長所は何だと思いますか?
(限られた選択肢のなかからではあるが、)
「きみならどうする?」が体験できるところ。

59  ゲームブックの弱点は何だと思いますか?
良作は上質のエンターテイメントではあるが、
目の肥えた読者向けの質の高い作品を作るという
(かなりハードルが高い)作り手の苦労に対して、
それに見合った報酬が現状では期待できない(と思う)こと。

60  ゲームブックに出てきた障害物(広い意味で受け取ってください)の中で、こころに残ったものがあったらコメントをお願いします。
『魔界の地下迷宮』より「ボタボタ」。
こころに残ったというか、トラウマ。

|

« タンタロンの100の質問(5) | トップページ | タンタロンの100の質問(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22014/769191

この記事へのトラックバック一覧です: タンタロンの100の質問(6):

« タンタロンの100の質問(5) | トップページ | タンタロンの100の質問(7) »