« 難題03-老魔女を引っとらえよ | トップページ | 難題04-エーデ河の流れをせきとめよ »

2006/03/22

ゲームブックのパズル度合って?

またまた閃光さんからコメントいただきました。
http://d.hatena.ne.jp/gamebook/20060311

>ジグソーパズルは、元の画を認識してからピースを組み立てていくわけで、
>これをゲームブックに変換すると、原作つきのゲームブックなんじゃないかと。

なるほど。
確かに原作つきじゃないゲームブックは結末も大きな楽しみの一つですからね。
ゴールが見えているジグソーパズルとはちょっと違うかも。

で、なんだか偉そうに語ってしまっておりましたが、私も数年に1度思い出したように1000ピースを組むくらいなので別にジグソーパズル通というわけではないのです。

ただ、ジグソーパズルって、買うときは当然好きな絵柄を選ぶわけですが、やってる間は意外と絵のことは考えてないんですよ。

色と線のつながりを追いながら、あれでもないこれでもないとやっていって、そのうちピタッとハマッた時が快感というか。
極端な話、背景の白とか黒の部分なんてピースの形しかヒントが無いので非常にハズレ率が高くて大変なわけですが、ソレはソレで楽しいのです。

「試行錯誤」のエッセンスが、ゲームブックに似てると感じたのかなあ?

と書いていて、はたと気がついた。
もしかしたら私のゲームブックに対するスタンスは、他の人よりもパズル寄りなのじゃあないかと。

例えば創元ドルアーガ三部作を遊ぶとしても、
 ・自分が強くなって敵を倒していく快感(RPG的要素)
 ・謎ときや、マッピングして未知のフロアを踏破していく楽しみ(AVG的要素?)
どちらにより比重を置くかといえば、確かに私は後者ですね。

そう思えば、『タンタロン』に強く惹かれたのも、そんな傾向からなのでしょう。

☆☆☆

関連で。
すぐ遊べるオンラインパズル」様
こちらからジグソーパズルのサンプルが遊べます。)

ついつい、クリアまでやってしまうんですよね。こういうパズルもの。
ただ、ゲームブックと同じでアナログの手触りっていうのも大事なんです。私には。

|

« 難題03-老魔女を引っとらえよ | トップページ | 難題04-エーデ河の流れをせきとめよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22014/1120930

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームブックのパズル度合って?:

« 難題03-老魔女を引っとらえよ | トップページ | 難題04-エーデ河の流れをせきとめよ »