« 『魔人竜生誕』感想 | トップページ | 難題06-ハムの四王子を救出せよ »

2006/06/30

『RPGamer vol.14』感想

ネットで感想、嬉しいな。

はしもとさん
http://d.hatena.ne.jp/no45/20060625

nyadachさん
http://blog.livedoor.jp/nyadach/archives/50226659.html

というわけで、後追いですが。

<セプタングエースの召喚円>
『魔人竜生誕』(松友健/著)がいかに神話や英雄伝説のフォーマットにのっとった傑作かということを、『千の顔をもつ英雄』(ジョゼフ・キャンベル/著)に準えて分析した読み応えのある解説となっております。
(スターウォーズまで展開しなかったのは紙面の都合上でしょうか。)
いまさらRPGamer誌で浅い初心者層を狙うわけではないので、架空世界という切り口から濃い内容の(ちょっとネタッ気多めな)まとめ方になったのでしょう。
ただ、個人的には願わくば海外代表作との正攻法での比較評価や、挑戦的なシステム面についての考察も読んでみたかったなあというのが正直な感想でした。
読んでない人のことも考えたら、非常に難しい注文だとは思いますけど。

<『HUGO HALLの虚しい口』 今回のテーマ:架空(1)世界(42)について>
本文のない、注釈だけのエッセイ。注釈が注釈を呼ぶというところがミソでしょう。
ネットだと「はてなキーワード」とか「wikipedia」がそんな感じに近いと思いますが、辞書遊びにも似ているような気がしました。引いた語句の解説の意味を調べるためにまたその言葉を引いていく連鎖のような。(たまに1周して戻ってきたりする。)

読む前は(13)とか(38)みたいな仕掛けが満載のイラスト遊びみたいなものを想像してたので、意外と文章盛り沢山でびっくりしました。
この記事は、システムそのものよりも中身のハル節を楽しむことの方がメインだと思います。特に、この雑誌に躊躇無くRPG自虐ネタを出すあたりが最高でした。(まあ、14だし。)

それにしても、「らしい」嘘がさらっと書かれて厭味がないのは、散歩のアレからのフィードバックでしょかね。
ただ、バカっぽい嘘を沢山並べすぎると、どうも某ファミ通のゲーム帝国を思い出してしまって、欲望のままに「否。罰として死ぬまで一生14送りの刑とす。」とかを脳内で勝手に付け足してしまうのは激しく間違っておりすまぬ。
罪滅ぼしに、「攻略?フローチャート」、「読み順キーワード索引」、「番号順キーワード一覧」などを公開するので許せ。

http://rnn14tohoku.gozaru.jp/14/HUGOHALL/fc.html

以下ネタバレ?です。

 

 

☆☆☆

nyadachさんの魔人竜攻略ページをみて、なんか羨ましくなって作ってみました。

実に、アホですね。

『虚しい口』は、注釈だけで本文が無いため、「この項目は何について書いてあるんだ?」というのが直ぐには分からない作りになってます。
というわけで索引を作ってみただけだったのですが、「どうせなら読み順も…」とか「ここまでやったらフローチャートも無いと物足りないよなあ」とかドツボにハマリました。

作りながら分かったこと。
 ・”架空”は2つある。(1),(27)
 ・直接双方向に行き来できるのはHUGOHALL(6)とゲームブック(40)のみ。
  (内容的にもこの作品の隠れ主題と言えるだろう。)
 ・行き止まりは(32)だけ。

そして、最終的に気が付いてしまったのです。
巧妙に隠されたこの作品の本当の目的に……

それは行き止まりの(32)をゴールとして全項目を一筆書きでたどる「真の道」を探すことなのではないでしょうか?!
「>正解路のような正しい読み方などありません。」などと油断させておいて、なんと恐ろしい超難関パズルが組み込まれていることか!!

私はフローチャートで力つきましたので、どなたか数学の得意な方がこの試練を克服し真の勇者になれることを期待して止みません……。

|

« 『魔人竜生誕』感想 | トップページ | 難題06-ハムの四王子を救出せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22014/2437913

この記事へのトラックバック一覧です: 『RPGamer vol.14』感想:

» Gamebook@RPGamer [タイタン放浪記]
読みました、RPGamer14号。(←リンク先は発刊元・国際通信社のサイト) 今号の内容、詳しくは「マーリンの呼び声」へ。 私はTRPGの知識が無いので、GB(ゲームブック)関係の記事についてのみ触れます。 まず「魔霊セプタングエースの招喚円」は『魔人竜生誕』の紹介。...... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 21:48

« 『魔人竜生誕』感想 | トップページ | 難題06-ハムの四王子を救出せよ »