« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/10/29

難題07-王家の宝石を奪回せよ

ミノタウロスの手にある王家の宝石を奪回せよ

「さあ、早く!!」
最後の一匹が君の腕に飛び込むと、すぐさま寺院の外へと階段を駆け上がった。
そして陽光が彼らに降り注ぐと、月の魔法でカエルにされていた四人の王子たちはゆっくりと青年の姿を取り戻していった。
君は彼らを安全な場所まで送り届ける道すがら、旅の目的と次なる課題を話し聞かせた。
王子たちは救出をこの上なく喜び、お返しにあなたの手助けをしたいと申し出た。

「私も弟たちも決してそなたの挑戦を羨ましいとは思わない」ハンナ王子が警告するように言った。
「なぜなら私たちはあの牛人を良く知っているからだ。あの生き物はエーデ河が最も広がった場所の地下迷宮に棲んでいるのだ」

Task0701

ここで一番若い王子がハンナに何かを囁くと、彼は同意するように頷いた。
「預言者ファゴルンを探しだすべきだ、と弟は言っている。彼の目はもはや何も見ることはできないけれども、彼の精神は遥か遠くのものを視る偉大なる力を持っているのだ。エーデ河を河口へとたどっていけばファゴルンの家を見つけることができる。そしてゴーチェスの王子、ハンナの名前を告げるのだ。さすればきっとファゴルンはそなたを助けてくれることだろう」
君は王子たちに感謝を告げると出発した。

王子たちの言葉に従い河沿いをたどり、遂に君は老人の住む小屋を見つけ出した。ハンナ王子の名前を出すと、すぐに彼はあなたを歓迎し一晩の宿を申し出た。そして目の見えない預言者は、君の話すこれまでの功績を注意深く聞いた。
「本当にあなたは勇敢な冒険者だ!」ファゴルンは笑った。「しかし、かの牛人と対面し王家の宝石を取り戻すためには、全ての勇気とそれ以上のものが必要なのです。迷宮には4つの入り口があります。しかし、守られていない道は一つだけしかなく、他の経路にはいずれも恐ろしい罠が横たわっているのです。どの道が安全なのか私には分かりませんが、これだけはお教えしておきましょう。シャントスの珠と呼ばれる青い宝珠がミノタウロスの迷宮の秘密を解く鍵を握っているとのことです。その導きに従えば、無事怪物のもとまでたどり着くことができるでしょう」

Dsc02458

翌朝、ファゴルンは出発しようとする君に「これを持っていき、よく研究なさい」と言って羊皮紙の巻物を手渡した。
「それこそがミノタウロスの迷宮をあらわした地図なのですから、本当によく検討することです。また、私の予言では、あなたの旅はいずれカスパーに向かうことになるでしょう。あなたの求めるものはモルファスというものによって盗み出されたのです。その男を捜すことです」

やがて君は牛人の棲み家へと通じる洞窟の前に着き、もらった地図を地面に広げて思案する……4つの入口のうち、どれを選ぶべきなのか。

Task0702

さて、「安全な道の入口には何個の星印がついているか?

以下はネタバレです。

続きを読む "難題07-王家の宝石を奪回せよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年12月 »