« 2007年6月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/10

難題10-ホルンヘルムの黄金の十字架をフォリンの人々のもとに戻せ

『国王殺害の大罪人、カスパーの男爵ターグとその妻ダヴィナが捕らえられた!』
知らせは矢のごとくレンドル宮殿へと伝えられた。
そしてすぐさま国中の人々に忘れ得ぬ怒りを改めて思い起こさせるとともに、僅かの安堵と消えぬ悲しみを運び広めていった。
また、この解決がタンタロンの難題に挑戦している名も無い冒険者の功績だということも噂になっていた。しかし、それが君なのだということをすれ違う人々が知る由もない。
裏切り者には、いずれ正式な裁きが下されるであろう。今はただ、次なる探索へと進むのみだ。
 
 
君は南西へと引き返し、再びフォリンの町へとやってきた。
フォリンの住民の間でほとんど伝説的存在となっている勇士ホルンヘルム。
だが惜しまれることに、スキンの戦いでのガランタリアの勝利と引き換えに、彼はその英雄譚の幕を閉じたのだ。
しかし、その勇猛さはこれから先、幾世紀にもわたり誇りとともに語りつがれることだろう……

恐れを知らぬ剛勇で知られたホルンヘルムであったが、一方で非常に用心深い一面もあった。敵の侵略に備え、彼個人の財産を密かに地中深く保管していたのである。
しかし、あまりに突然だった彼の死により、その財宝と伝説の黄金の十字架のありかは誰にも分からないままとなってしまったのだ。

ただ、幸いにも君はホルンヘルムの妻セレンドラの信頼を得て、秘密を探る唯一の手がかりとなる巻物――謎めいた暗示の書かれた地図を託された。
翌日、君は夜明けと共にウィンドスウェプト荒野に到着した。はたしてホルンヘルムの財宝を探しあてることができるだろうか。

Task10

ウィンドスウェプト荒野のもっとも高い木から一番近い道に向かって歩け。
右に向かって道なりに進むと橋に突き当たる。
橋の下を流れる川の上流に向かって歩き、川をへだてた二つの建物の並ぶ地点まで進む。
それから東を向いて道に出会うまで歩く。
その地点からつぎの建物までの中間点にあたる木の下を掘れ。

財宝の所在を探りあてたらつぎの問いに答えよ:ウィンドスウェプト荒野でもっとも高い木のまわりに生えている木の本数を数えよ。

おのれひとりのために宝を掘り出す者にはホルンヘルムの霊が永遠に呪うことになるだろう。発掘された宝のすべてはフォリンの人々に帰す(本文ママ)べきである。

 

 
以下はネタバレです。

続きを読む "難題10-ホルンヘルムの黄金の十字架をフォリンの人々のもとに戻せ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年12月 »