« 『HUGO HALLの双六キモダメシ』 発売前進のお詫び | トップページ | ゲームブック・オールタイムベストテン »

2008/01/14

『HUGO HALLの双六キモダメシ』 プレイ感想

超いまさらですが、あけおめまして。

確か、本ブログ開始当時は
「12の難題だから月1更新したら1年で終わっちゃうナァ」
などと恐れを知らぬ発言をしていた気がしますが、気がつくと既に2年も経ってしまっております。実に学成りがたし、ですな……
中年ですけど。
まあ、今年ものんべんだらりときままにやってきます。

というわけで、相変わらず難題は進まず順調に回り道をしております。
晴れて発売となりました『HUGO HALLの双六キモダメシ』 、発売翌日にアキバのイエサブにて購入してまいりました。
なんだか平積み&山積みでしたよ。店の外看板にも告知フライヤーが。

Dsc03127

で、年が開けてから遊んでみました。
まずはカード類をカッターで切り離し、ボードの墓石の部分(39個もあるのだ)に切れ目を入れて曲げ起こします。
これが意外と大変。
でも、なんだか学研の付録とか「てれびくん」のペーパー戦隊ロボを作ってたあの懐かしさがよみがえります。
カッターの刃は、こまめに折りましょう。

準備が出来たら、早速遊んでみましょう。
説明書によれば推奨人数は3人ですが、今回は2人で。
目をつぶって、ボードの石畳に沿って5円玉を進めていくわけですが、思ったよりも上手く出来るものですね。ただ、カーブに沿って進むのは慣れが必要です。同じ所で何度も失敗しました。

Dsc040281

そして、なんとかお堂にたどり着き、お札を取ったら戻り道はお札に書かれた方法で帰ってくることになります。
私が選んだのは、「目を開けて振ったサイコロの2倍の数進む」というお札。
このお札を使うことで、やっと通常のスゴロクとして遊べるようになるのですね。
後半にプレイスタイルをガラっと変えられるというのはちょっと面白い。
ただし、自分で止まるマスを選べなくなるので、イベントマスで引く怪カードのほとんどがマイナスイベントというキモダメシゲームの性質上、リスクも大きく本気勝負には向かないかも知れません。……そもそも本気勝負するゲームじゃありませんが。

私はなるべく早くゴールを目指してちゃんとプレイしたのですが、もう1名はなるべく怪カードを引き続けるという荒業プレイを敢行。(でも、意外となかなか仮死状態にならないもんでした。これは運次第でしょう。)
曰く 「だって、このカード引くためのゲームなんでしょ?」
確かに、堅実にやりすぎると殆んど怪カードを引かずに進めてしまうという感じでした。
墓石にぶつかったときも怪カードを引く、というローカルルールもアリかもしれません。

順調に進めて、プレイ時間は45分くらいでした。
3人の場合は、お堂近辺で密集するとお互いに身動きがとれずもう少し時間がかかりそうです。

久しぶりのボードゲームでしたが、なかなか楽しめました。
あんまりガチでルールや勝敗にこだわるようなゲームじゃないので、怪カードみて「なんだコリャ?」って笑って楽しめればOKなのかな。
そうだとしたときに、せっかくの怪カードのイラストがちょっと小さめなのが惜しいところです。
あと、外袋に「別売りの六面体サイコロ(1つ)が必要です」と書いておけば、親切&イエローサブマリンの売り上げがちょびっと期待できるかなと。ああ、でもこのゲーム買う人はサイコロぐらい持ってないわけないか。

・ローカルルール案その2。
 目を開けて、狙ったマスに指で弾いて進めるというのもなかなかトリッキーで面白い。が、きっと怪カード出まくりになるでしょう。

なんか、どこかで遊んだゲームに似てるのがあったなあと思い出したのが、
『グラスでドンピシャ!!』
http://www.bandainamcogames.co.jp/bnours/nours/vol36/jpeg/36_23.html

アナログ的な手探り感って、DSとかWiiの成功もあってか、最近また結構注目されている感じがします。(ただ、PS3の6軸センサーとか、携帯直感ゲームは……微妙?)
まあ、紙とカッターとセロテープがあれば全部出来てしまうことを、わざわざゲーム機の中でやる必要はないのですけどね。

|

« 『HUGO HALLの双六キモダメシ』 発売前進のお詫び | トップページ | ゲームブック・オールタイムベストテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22014/9881003

この記事へのトラックバック一覧です: 『HUGO HALLの双六キモダメシ』 プレイ感想:

« 『HUGO HALLの双六キモダメシ』 発売前進のお詫び | トップページ | ゲームブック・オールタイムベストテン »