2006/02/28

ネザー国の妖術師

難題02の記事で、
悪魔魚を放ったのは「冥府魔術師団」としております。
これは、『タイタン』の記述にならっています。

また、RPGamer Vol.10のロガーンの従者設定ガイドによれば、原書では「Netherworld Sorcerers」のようです。
(excite翻訳だと「黄泉の国の魔術師」)

しかし、『タンタロン』では
 「ネザー国の妖術師」
 「ネザー人の魔術師たち」
と書かれております。
 「Nether」「World」「Sorcerers」
……まあ確かに、そう言えなくもないか。

ちなみに、辞書を引くと
 the nether world [regions]=下界,地獄
に並んで
 the Netherlands=オランダ王国
っていうのも面白いです。
国土のほぼ半分が海抜下、の「nether」なんでしょうか。

クラグロックの”高地”に住まう「nether」人。
なんだか妙に意図的なのかと思えてきたりして。
(いや、勘違いだって。)

あと、「Sorcerers」の訳の違いが気になったので調べてみました。
辞書や本によってかなりまちまちですが、日本ではだいたい以下のような意味で捉えられているようです。

magic
超自然的な力で物事に働きかける手法。
 「魔術」→善悪両方含む

sorcery(,witchcraft)
文化人類学でいわれる人に害をなす呪術のひとつ。
 「妖術」→妖しい術(どちらかというと悪)
 「邪術」→邪な術(明らかに悪)

悪いヤツら、というイメージからは「冥府妖術師団」というのも悪くない気がします。(悪なんだけど。)
「冥府邪術師団」だとなんだか別の物語になりそうなので自粛。
 (邪術師――闇に染まった魔術師の到達点――)

結局、『タイタン』の設定からいうと中立の勢力なので、意味合いからは「冥府魔術師団」が一番合っていると思います。
もしそこまで考慮してたのだとしたら、安田訳さすがですね。

続きを読む "ネザー国の妖術師"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/31

アナグラム

>装飾頭文字
この前は「もし原文にあったとしてもアルファベット暗号だから、漢字じゃ再現できねーべ。」と安易な気持ちでスルーしておりました。

Four_1

でも、出張で秋田に向かう新幹線の中で、車窓から吹雪を見ながらふと、こう考えました。―――もし自分が編集者だったとしたら、文字パズルがあっても何とかして翻訳して出題したいよなあ。
大体、社会思想社に勤めてパズル本を担当するくらいなんだから、もし訳者さんが弱音を吐いてもホテルに缶詰めで「先生、出来上がるまでは一歩も外に出しませんからね!」とかいう気概を持って臨んだことだろう……(多分間違い。)

というわけで、まずは訳者の柿沼瑛子さんを検索してみる。
んー、割と推理寄りな方みたいですね。ワセミスOGだとか。クトゥルフ関係も手がけてます。
というか、よく見たら訳書に「ヴァンパイア・クロニクルズ」の名が!わお、本格的にホラーの人だ。
さらに検索すると翻訳の専門学校の講師などもされている模様。

フェロー・アカデミー

で、講師紹介を覗いてみると
[通学]■週1回コース「ミステリー」
[通信]■マスターコース「ファンタジー&ホラー」「ロマンス&エンタテイメント」
>ミステリー、ホラー、耽美小説と幅広い分野の作品を手がける。

とあります……そして【講師からのメッセージ】を見て、心臓がドキドキした。
そんな馬鹿な!
恐怖に背筋がゾッとし、君は血も凍るような寒さを覚えながらも古びた洋館の扉を開くと……

>まずは一言「地獄へようこそ」(笑)。

そこは『地獄の館』だったのだ!ひー。(いや、『ナイトメア キャッスル』だから。)

……だいぶ脱線しましたが、畑違いの翻訳者が押し付けられてのやっつけ仕事ではなさそうなことはわかりましたし、ミステリー系の方なら当然暗号もお手の物でしょう。
偶然か、最近では『フランチェスコの暗号』の翻訳も手がけてますし。
(原題:THE RULE OF FOUR……また<四>か。さてはこの中に鈴木者がおるな!)

大体、よく考えたらパズルの中でも文字パズル、アナグラムなんて王道じゃないですか。
使うなっていう方がおかしい。
(ただ、もし本格的な英文アナグラムだと翻訳大変なんだろうなあ。)
アルファベットで13文字の暗号といえば……「Go to Fourteen !」か?
んなわけないし。

気を取り直してもう一度文字を並べて考えてみる。

 「四、エ、探、そ、こ、ク、翌、四、迷、ナ、君、フ、最」

これをさらに数字パズルに変換、というのは無謀な気がするので、ここは「柿沼先生は高度な技を駆使して日本語アナグラムに意訳したに違いない。」と強引に仮定。

まず全てをひらがなに変換。

 「よつえたんそこくよくよんめいなきみふさい」

あとは、思いつくままに単語を拾ってみる。

 栄誉、名誉、探索、君こそ、印刷、退屈、腹筋、国際、
 良く、読め、読めない、読みなさい、見なさい、雰囲気・・・・・・

まあ、20文字もあれば何でも言葉にはなるでしょうね。
後はいかにして上手く全部の文字を使用して全体で意味を成す文章に出来るかどうかだ。
おっと、これはパズルみたいだな。(うん、まあ、パズルだからね。)

とりあえず適当に組み合わせてみる。

1)強い孫策、答え読み泣く。雰囲気嫁。
 それ、どんな三国志?

2)沢山いないよ、強き国民。増えよ「めそ」!
 すごいよ!!マサルさん。

3)強く踏め!そこよ!意味無い探索、延期よ!
 女王様の嫌がらせですか?

4)「さつき、読めた?」「来いよ!」「文江君、そんな・・・・・・。行くよ・・・・・・。」
 四流ダメラノベですか?

5)いったん良く読め。絵付近こそ、良く見なさい。
 うーん。真面目にやってみて、意味合いから一番近いのはこんな感じでしょうか。
 はい。良く読んで、良く見ることにします。って、でもそれヒントなの?

もう、お分かりですね。
こんなアナグラムは存在しなかったことが。
(いや、本当はあったりして!?)

続きを読む "アナグラム"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/18

覚え書きメモ2

>標題紙の男性
『図説 西洋甲胄武器事典』(柏書房)で調べてみた。
首周りだけのの鎖帷子だが、写真掲載の甲冑にほぼ同じ形状のものがあった。
「鎖錏(くさりしころ)」というらしい。(あんまり自信なし。)
「シコロ」自体は、日本では兜の左右と後の首筋をおおう部分を指すようだが。

また、甲冑の上から着ている上着はサーコートといい、染め上げた色と描かれた紋章で個人を識別したらしい。
青地に鷲。フランスでは青が王家を示す色のようだが、ガランタリアではどうなのか?

>導入部
各難題に対するエピソードがタンタロンの回想という形で語られているが、各エピソードと本文の問題とで矛盾点が無いかどうかも後で確認する必要があるだろう。

>カバー
カバーを外しても、本体にカラーでまったく同様に印刷がなされている。
見返し地図と同じように、いずれ詰まった時に間違い探しをする必要があるかもしれない。
なお、すぐに分かる大きな違いは2点。
 ・カバー裏表紙右下にISBNと定価が記載。数字パネルの12が下に隠れている。
 ・カバーの袖に、豪華な装飾の刃こぼれした剣。表表紙側と裏表紙側にあり、鏡写しになっている。これまた間違い探しか?

00_sword_1

>表表紙
イラストや背景もヒントになるかもしれない。
 ・青空にそびえる断崖の城
 ・鼻から煙を吐くドラゴン
 ・2匹の蛙(一匹は王冠着用)
 ・抜刀し白馬に乗った騎士(黄色マント)
 ・豪華なアクセサリーを身に着けた金髪の女性と小鬼(グレムリンか?)
 ・耳の尖った鼻眼鏡のノーム(かドワーフ)
 ・タンタロンの後ろには白い雪に覆われた山脈。開いた本に挟まった黄色いしおり。

  

>裏表紙

00_migisita_1

数字パネルの重なりに気付く。
 
 左上:上から8、3、6
 右上:上から2、10、5
 左下:上から11、4、7
 右下:9の上に1と12
 
右下だけ法則崩れ。

 
また、数字の合計にも注目
 
 左上と右上:計17
 左下と右下:計22
 
魔方陣ではないようだが、やはり何かの数字パズルになっているのだろう。

覚えておくことにする。


以下、続きはネタバレ話です。

続きを読む "覚え書きメモ2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/11

覚え書きメモ1

ざっと気になった点についてメモ。

後になって間違いに気付いても書き直さず、別記事を書き足すことで修正していくことにする。

>表表紙
タンタロンの被っている帽子の星、二つだけ六芒星が混じっている。
何かのヒント?

>見返し ガランタリア国地図
・地図は『タイタン』のものとほぼ同じだが、解像度はこちらのほうが高い。
 クラグロック峰=ごつ岩連峰、ホワイトウォーター河=白水河。(後者が『タイタン』)
・看板についてる顔がスティーブ・ジャクソン

00_mikaesi_stevejackson_2

・表表紙側と裏表紙側に同じものが描かれている。
 間違い探し?(ぱっと見、差はなさそう。)
・鷲を持った男性……コンスタイン王だろうか?

00_mikaesi_who_2

・霧の濃い谷間に馬上の槍騎士。遠くに見える城と崖の上の砦。
 左上には翼を広げた鳥影。これも鷲?

・四隅の数字パネル。
 左上[34] 右上[78] 左下[56] 右下[12]
 割り切れないし関連性は無いかな?と思ったら、よく考えたら12345678だ。
 別の場所(8に関するパズル?)の順番を示すのかも。

>標題紙
・右手に持った旗が標題と著者表示になっている。
・見返しの鷲を持った男性と同一人物?

00_naka_who_1

・鷲は居らず、胸に鷲?の装飾。帯剣しており、首から肩にかかる鎖帷子を着用。騎士なのかな?
・今度「服飾史・中世編」とかで身分を示すヒントがないか探してみよう。
 
>導入部
「四」という数字がでかいのは、原文の装飾頭文字を模してだと思われるが、文頭字の暗号ではなさそう。でも念のためメモ。
「四、エ、探、そ、こ、ク、翌、四、迷、ナ、君、フ、最」 ……なんだこりゃ。(笑)
ただし、「四」という数字は頻繁に使用されているようだ。偶然?
例:四王国、ハムの四王子、獄につながれること四か月、四賢者、各頁の数字パネル(四枚)

>裏表紙。
・ページの四隅に1~12の数字パネル。配置はバラバラ……。
 見返しと合わせて使用するのか?(いずれも四方の順番を示している。)
 また、数字の装飾も何種類かに分類できそう。後で要検討。

00_ura_2

・星の装飾。数に注目?
・王冠と剣にとまった鷲。(おそらくイヌワシ。)
 見返しの鷲と標題紙の鷲……王家の象徴と言う意味か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)